肌荒れは食べ物で治す!薬やスキンケアに頼るのは辞めましょう

インナーケア

肌荒れしているときは鏡を見るのが嫌になるゆみです。

一刻も早く治したいならば、スキンケアを変えるのではなく食生活を見直しましょう!

スキンケアを変えてすぐ肌荒れした場合は、成分が合わなかった可能性がありますが、それ以外だとストレスや睡眠不足、食生活の乱れが原因だと思われます。

思い返してみてください。スキンケアはいつもと一緒なのに肌が荒れている。ファーストフードや揚げ物・スナック菓子をよく食べるなど。

思い当たるところはありませんか?

ファーストフードやスナック菓子は肌の新陳代謝を悪くしてしまいます。

肌荒れにはいろいろ種類があり、ニキビや吹き出物、乾燥など。これらは食べ物を見直すことで改善されるはずです。

ストレスや睡眠不足は別の機会にお話しするとして、今回は食べ物に重点をおいてご紹介します。

スポンサーリンク

肌荒れに効く野菜

かぼちゃ

かぼちゃにはビタミンAビタミンEビタミンC食物繊維が多く含まれています。

ビタミンAとビタミンCは肌にうるおいを与え、ビタミンEは血行を促進し、食物繊維は腸内環境を整え美肌づくりに必要な栄養素がたくさんあります。

甘くておいしいのに栄養も豊富、わたしのイチオシ野菜です!

ピーマン

ピーマンの中でも赤ピーマンはビタミンCが豊富で、100gあたりに170㎎ものビタミンCを含んでおり、なんとレモンの1.7倍!!

黄ピーマンは150㎎、青ピーマンは76㎎です。

ピーマンは加熱してもビタミンCが壊れにくいのが特徴です。炒め物にして食べるのもいいですね。

トマト

トマトにはリコピンビタミンC食物繊維が含まれています。

リコピンはビタミンEの100倍以上の強い抗酸化作用があり、血流を良くし、シミしわなどの老化対策に効果があります。

加熱しても壊れにくいのがリコピンの良いところです。

ブロッコリー

ブロッコリーは4~5芳(小さく分けたもの)食べるだけで、1日のビタミンCが摂れます

ですが、ゆでたり水にさらすとビタミンCが流れ出てしまうので、ゆでる際は1分程度にして、ざるにあげましょう。

また、ビタミンAや食物繊維も含まれており、とても栄養価の高い野菜です。

肌荒れに効く果物

いちご

中程度の大きさのいちご7~10粒くらい食べると、1日に必要なビタミンCが摂れます!

値段を気にしなかったら、毎日でも食べたいですね。

食べるときはヘタを取る前に水洗いしましょう。先に取ってしまうと、そこからビタミンCが流れ出てもったいないです。

リンゴ

リンゴにはビタミンC食物繊維、アントシアニンというポリフェノールが含まれています。

ポリフェノールにも抗酸化作用があり、美肌効果や老化対策に有効です!

アントシアニンは皮に多く含まれているので、きれいに洗って皮ごと食べるようにしましょう。

キウイ

キウイにはビタミンCビタミンEが含まれており、この2つの効果が合わさることにより、高い抗酸化力を発揮します。

つまり、美肌をつくるのにもってこいの果物だということです!

 

以上がわたしのおすすめ野菜&果物です!

日常で食べやすい物を選んでみました^^

肌荒れにはビタミンや食物繊維などが大事

肌荒れにもいろいろ種類がありますが、これらをしっかり摂ることが大切です。

  • ビタミンA→皮膚や粘膜を丈夫にして肌を守ります。
  • ビタミンC→コラーゲンの合成を助け、肌にハリとツヤを与え、シミそばかすを防ぎます。
  • ビタミンE→強い抗酸化作用で細胞の老化を防ぎます。ビタミンCと組み合わさるとより効果を発揮します。
  • 食物繊維→腸内環境を整え、老廃物を排出してくれるので肌荒れにも効きます。

このほかにも、たんぱく質やビタミンB群、鉄なども一緒に摂ると良いでしょう。

薬で治すな!食べて治せ!

わたしの経験上、肌荒れはよっぽど酷い場合を除き、食べ物で治ります。(本当にひどい場合は病院で薬もらった方がいいとおもいます。。)

わたしもたまに肌荒れしますが、思い返すと大抵は不摂生が原因です。

スキンケアを変えても一緒です。

突発的なニキビとかだと、薬を塗ったほうが早く治るかもしれませんが、体質を変えたいなら食事を見直しましょう。

これであなたも、きれいな肌を手に入れられます!!

 

 

タイトルとURLをコピーしました