血液サラサラはやっぱりたまねぎ!それだけじゃない嬉しい効果も

インナーケア

たまねぎを切るのは嫌いだけど食べるのはすきなゆみです。

たまねぎはみなさんもご存じ、血液をサラサラにしてくれるアリシンが含まれています。

いろいろな料理に使えて便利なたまねぎですが、疲労回復美肌効果などもあり、意外と知らないたまねぎの魅力をご紹介します!

きっとこれを読んだあとは、たまねぎが食べたくなりますよ♪

スポンサーリンク

栄養と効能

たまねぎには五大栄養素(たんぱく質・脂質・炭水化物・ビタミン・ミネラル)があまり多く含まれていません。

「え、意外と栄養ないやん」って思われるかもしれませんが、その代わりに他の食品には少ないアリシンケセルチンが入っています!

その二つをピックアップしてみていきましょう!

アリシン

たまねぎを切ると涙が出る原因は硫化アリルという成分が、鼻や目を刺激しているからです。

この硫化アリルが体内に入るとアリシンへ変化します。

アリシンはにんにくやらっきょうにも入っていて、独特の辛さとにおいの成分でもあります。

血流改善

血液の凝固を遅らせ、血液をサラサラにして血栓をできにくくする働きがあります。

血栓は、血液中の血小板などが固まってできる塊のことで、動脈硬化脳梗塞の原因になると言われています。

抗菌・抗カビ作用

腹痛や下痢、発熱などを引き起こす、サルモネラ菌や寄生虫をやっつけるほどの殺菌力・抗カビ力があると言われています。

夏場は食中毒の予防にも効果があります。

疲労回復

アリシンはビタミンB1の吸収率をアップさせる作用があります。

ビタミンB1は糖の代謝を高め、疲労物質の乳酸がからだに蓄積しないように働くため「疲労回復のビタミン」とも呼ばれています。

豚肉(ビタミンB1)とたまねぎ(アリシン)の組み合わせがとても相性がいいです!

食欲不振の改善

香辛料や独特の香り成分で、食欲を高める働きがあります。

唾液や胃酸などの消化液の分泌が活発になり、胃腸の働きが高まるため、食欲が増してきます。

ケセルチン

血流改善

ケセルチンも血流を改善してくれる効果があります。

さらに、血管や血液の健康を保つケセルチンには、血圧の上昇を抑える効果もあります。

コレステロール値を下げる

血中コレステロールや悪玉コレステロールを下げる効果があると言われています。

また、血糖値の上昇を抑制する働きもあるため、高脂血症糖尿病などの生活習慣病の予防に役立ちます。

関節痛の緩和

ケセルチンは抗炎症作用をもつことから、関節の痛みをやわらげる効果があります。

美肌効果

ビタミンEより強い抗酸化作用があり、からだの老化を抑制してくれるので、シミ・しわの予防にも効果があります。

また、がん動脈硬化の予防や細胞の老化も防いでくれます。

 

ですが残念なことに、ケセルチンはたまねぎの茶色い皮に多く含まれています…

中身と比べると20倍から100倍なんですって(泣)

でも諦めないで!

たまねぎの皮を摂る方法ありました!

タマネギの皮を洗って水の状態から沸騰させて3分くらい煮込みます。

茶色く色が出れば出来上がりです。そのまま飲んでも良いし、料理に使っても良いでしょう。

これで皮の栄養も摂れますね!

たまねぎの皮の粉末サプリとかもあるみたいなので、試してみてもいいかもしれません。

味噌汁やカレーに入れたり、そのままお茶として飲んだり使い方は様々!

手軽に栄養が摂れていいですね♪

 

では次に、おいしいたまねぎの見分け方についてです。

おいしいたまねぎの見分け方

・茶色い皮が乾燥していてツヤがあるもの
・ずっしりと重たく固さのあるもの
・頭部がやわらかいものは中心が傷んでいる可能性がある

これらをしっかり見極めて選びたいですね。

保存方法

買ったばかりのたまねぎはあまり冷蔵庫に入れないですよね?

湿気に弱い野菜なので、日が当たらず風通しが良い場所で保存しましょう。

また、切ったものはラップに包んで野菜室へ。

ニオイが気になるときは、さらにジップロックに入れています。

みじん切りにして冷凍しておくのもいいですよ。

使うときは凍ったままフライパンで温めると時短にもなります♪

では、実際調理するときに気をつけるべきポイントをご紹介します。

調理ポイント

たまねぎは切り方次第で変わります。

繊維に沿って切る

・シャキシャキした食感を残せる
・加熱しても形が崩れない

繊維を断ち切る

・口当たりがやわらかくなる
・辛み成分が軽減される

 

もう涙を流したくない!

って方は、皮をむいたたまねぎを事前に冷蔵庫で冷やしておきましょう。

そうすると目に染みるのを少しは抑えられます。

また、切ったたまねぎを水につけるのはダメです!

アリシンは水溶性なので、水につけると栄養が流れてしまいもったいないです。

まとめ

たまねぎにはたんぱく質を分解する酵素があり、お肉をやわらかくすることにも役立ちます。

いろいろな食材と相性がいいので、たくさん料理に使ってください。

食べて健康に、さらに美肌にもなりましょう♪

タイトルとURLをコピーしました