美肌づくりや免疫力アップに!かぼちゃの栄養とおすすめレシピ

インナーケア

秋はかぼちゃを食べがちなゆみです。

かぼちゃって甘くておいしいのに美肌効果があり栄養価が高いんです。

なんて素晴らしい野菜なんだ!!

旬の時期に食べない手はないですよね!?

今回はかぼちゃの栄養とクラシルのおすすめレシピを紹介します。

スポンサーリンク

かぼちゃの栄養

抗酸化作用に優れたβ‐カロテン

β‐カロテンは体内でビタミンAに変化し、粘膜や皮ふを強化して免疫力を高めてくれます。

また抗酸化作用によるシミやシワの予防もでき、アンチエイジングには欠かせません!

抗酸化とは『釘が酸化して錆びるように人の体も酸化します。体が酸化すると血管の老化が進んだり、シミやシワ・肌荒れなどの肌トラブルが起こったりと様々なトラブルの原因になります。』つまり、抗酸化とは体の酸化を抑えるということ

血行を促進するビタミンE

ビタミンEにも強い抗酸化作用があり、老化を防ぐほか血行をよくする効果もあります。

ビタミンCとの組み合わせで抗酸化力はさらにアップします⤴

シミ・そばかすを防ぐビタミンC

シミの原因となるメラニン色素の合成を抑え、肌への沈着を防ぎます。

抗酸化作用で体の老化を防ぐ

白血球を活性化させて免疫力をアップ

鉄の吸収を高めて貧血を予防するなど、様々な健康効果も期待できます。

利尿作用のあるカリウム

カリウムを摂ると体内の塩分量が調節され、体内の余分なナトリウムが排出されます。

そのため、むくみ解消にも効果があります。

アンチエイジングにはかぼちゃ!

かぼちゃに含まれるビタミンA・C・E美容ビタミンと呼ばれるほど、美肌作りに大切な栄養素がたっぷり入っています。

肌トラブルを起こしやすい人や老化を抑制したいと思っている人は、ぜひ食べてください!

ただ、かぼちゃってとても甘いですよね?

他の野菜に比べて糖質が多くカロリーも高いので、食べ過ぎには注意が必要です。

クラシルおすすめレシピ

【かぼちゃと玉ねぎの味噌汁】

材料が少なく簡単にできますし、かぼちゃの甘みがしっかり出てとても美味しいです。

(かぼちゃが沈んじゃって見えないですが笑)

~材料~
・かぼちゃ
・玉ねぎ
・水
・顆粒和風だし
・みそ
作り方はクラシルを参考にしてください。
玉ねぎにもすばらしい栄養がたくさんあり、血流改善や疲労回復・美肌効果も!
この材料プラス、にんじん・ネギ・大根などを入れても美味しく出来上がると思います♪
【たっぷり野菜のミルクスープ】
野菜がたくさん摂れて栄養満点です!
~材料~
・かぼちゃ
・ブロッコリー
・にんじん
・玉ねぎ
・塩コショウ
・コンソメ顆粒
・水
・牛乳
・オリーブオイル
ベーコンや鶏肉などを入れて、食べ応えアップしても良さそうです♪

まとめ

今回は2つともスープを紹介しました。

かぼちゃはいろんな料理に使えますし、美味しくてついつい食べ過ぎてしまいそうになりますが、食べる量に気を付けてアンチエイジングをしましょう♪

タイトルとURLをコピーしました