肌荒れや虫歯予防にいちごが良い?!5つの栄養と効能

インナーケア

いちごってスーパーで並んでたらついつい買いたくなるゆみです。

いちごが好きな人って結構いるんじゃないでしょうか?

美味しくてビタミンCが豊富

ダイエット中でも罪悪感なし!むしろお肌にいい!

とてもすばらしい…

今回はそんな優秀ないちごについてご紹介したいと思います。

(病気の予防対策にも効果的ですが、美容効果についてひいきめにご紹介しております。なにとぞ。)

スポンサーリンク

いちごの栄養と効能

肌荒れに有効なビタミンC

含有量の多いビタミンCは中程度の大きさのいちごを7~10粒くらい食べると、1日の必要量を摂ることができます。

いちごだったら余裕でそれくらいの量食べれちゃいますよね!

そして、ビタミンCはコラーゲンの合成を助け、皮膚や骨・血管・筋肉などを丈夫にし、肌にハリとツヤを与えてくれます。

また、メラニン色素の合成・沈着を抑え、シミも防いでくれて、肌荒れ防止だけでなく風邪予防ストレス緩和にも役立ちます。

ですが、ビタミンCは体内に貯蓄できないという特性があり、1度にたっぷり摂るよりもこまめに摂ることがおすすめです!

血をつくる葉酸

造血ビタミンと呼ばれる葉酸は赤血球の合成を助けて、貧血を予防します。

女性は貧血気味の人が多いですからね。。

また、たんぱく質の合成・分解に関わる物質で妊娠中の不足は胎児に影響するため、妊婦には特に必要です。

血糖値の上昇を抑えるペクチン

ペクチンは食物繊維の一種です。

糖分の吸収を抑える働きがあるため、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

また、ペクチンには腸内環境を整え、便秘を解消する効果もあります。

老廃物はきれいさっぱり出しちゃいましょう!

目に優しいアントシアニン

ポリフェノールの一種で、視力を維持したい方目の疲れが気になる方に有効です。

現代人はスマホやパソコンの使い過ぎで目を酷使しがちなので、積極的に取り入れたい栄養の一つですね。

虫歯予防キシリトール

歯磨き粉やガムに入っているキシリトールが、実はいちごにも入っています!

キシリトールは虫歯の原因となる酸を中和する働きがあるため、虫歯を予防する効果があります。

また、唾液の分泌を促す働きもあり、食べて虫歯予防ができるのはうれしいですね。

 

この様にいちごには嬉しい栄養がたくさん入っています!

では次に、おいしいいちごの選び方と食べ方について↓

いちごの選び方

・ヘタがみずみずしくピンッと立っているもの
・ヘタ近くまで色づているもの
・傷がなく香りを感じるもの
・パックづめのものは、底に状態の良くないものが混じっていないかチェック

せっかく買うならおいしいものを選びましょう♪

おすすめの食べ方

いちごはヘタから先端に向かって甘くなっていく傾向があるため、ヘタ側から食べるとよりおいしく食べられます。

一つだけ注意しないといけないのは

ヘタを取ってから水洗いすると、ビタミンCがそこから流れ出てしまうので、先に水洗いしてからヘタを取りましょう。

栄養は無駄なく摂りたいですよね!

まとめ

いかがでしたか?

より、いちごが好きになりましたよね♪

いちごは美味しくて肌荒れ効果虫歯予防にも効き、言うことなしです!

ストレスが溜まっているとき疲れているときにもビタミンCは有効なので、仕事帰りに買うのもアリですね♪

 

タイトルとURLをコピーしました