水は何リットル飲めば健康や美容にいいの?その効果とは…

インナーケア

水って意外とゴクゴク飲めないなと思うゆみです。

水はいっぱい飲みましょうって言うけど

どれくらい飲めばいいの?

飲んだらどんな効果があるの?

そんな風に思ったことありませんか?

水分不足になると体調を崩したり、病気になったり、肌が乾燥したりとさまざまな体の不調が起こります。

なので、水分を意識して飲むことが重要と言われています。

年をとると、水分不足になっていることに気づかなくなり、脱水症状で倒れる方がいます。

祖父も全然飲まなかったので、何度も言い聞かせて飲ませるようにしていました。

水分不足を甘く見ていると最悪の場合、命の危機も…

健康やお肌を意識するなら水!

とにかく水分を摂ってください!

スポンサーリンク

人体は60%の水分で出来ている

成人で約60%、乳児では約80%が水分でできています。

歳をとるにつれ、しだいに水分量は減っていきます。

半分以上も水分で出来ているなんて不思議ですよね。

これだけでも人の体にとって、どれだけ水分が必要かわかると思います。

水分不足になるとどうなるか

お肌の乾燥や肌荒れ、シミしわを招くだけではなく、命にも関わってきます。

水分が1%減ると→のどの渇き
水分が5%減ると→脱水症状、熱中症
水分が10%減ると→けいれん、失神
水分が20%減ると→命の危機、死亡

水分不足はほんとうに怖いです!

高齢者がのどの渇きに気づいたときには、すでに脱水症状に陥っているので、普段からしっかり飲ませるようにすることが大切です。

では次に、水を飲むことでどういった効果が得られるのか。

水の健康・美容効果

血液をサラサラにする

血液は酸素を運んでいるので、血流が悪くなると酸素がうまく届かず、免疫力の低下や脳や内臓の機能の低下などを引き起こします。

水分を摂って血液をサラサラにすることで、リンパの流れも良くなり、むくみも解消してくれます。

便秘解消

水の働きの中に、摂取した水が体の中をめぐり、老廃物を排出してくれる作用があります。

肌が荒れている人は、便秘が解消されるだけでも良くなると思います。

美肌効果

肌の乾燥やシワ、たるみは水分不足が原因でもあるので、たっぷり飲むようにしましょう。

外からのケアだけではなく、美肌の基礎をつくるには内側のケアが大切です。

ダイエット効果

水には胃酸を薄め、食欲を抑える効果があります。

また、基礎代謝を上げてくれるので、自然と痩せやすい体質になります。

1日に飲む量はどれくらい

成人の場合1日2リットルが目安です。

体の水分は汗や尿などの排出で、2.5リットルも失われています。

食事にも水分は含まれているので、残りは飲料水で2リットル摂りましょう。

試してみたらわかると思いますが、1日に2リットル飲むのって意外と大変です。

最初はペットボトルで測って飲んでみるといいですよ。

また、運動した日はさらに水分が失われているので、もっと飲まなければなりません。

大量の汗で失われるのは水分だけではなく、ミネラルも一緒に流れるので、スポーツドリンクの方が適しています。

水を飲むタイミング

朝起きてすぐ

人は寝ている間にコップ1杯の汗をかいていて、水分不足の状態です。

そのため、朝一にまず水分を摂りましょう。

また、眠っていた胃が動き始め、腸の動きが活発になるので、便意を誘発してくれます。

食事前

食事前に飲むことでダイエット効果があります。

逆に食後に大量に飲んでしまうと、胃酸が薄められ消化能力が悪くなるので控えましょう。

入浴前後

入浴中も汗をかくので、入る前に水分補給をしておいて、あがってからも飲むようにしましょう。

寝る前は1杯

寝る前だけは1杯にしておきましょう。

大量に飲むとトイレが近くなったり、むくみの原因にもなります。

呑み会の翌日にむくみ気味なのは、水分が多いからです。

水分補給に含まれないもの

コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料は残念ながら水分補給にはなりません。

利尿作用があり、飲んだ以上の水分が排出されてしまいます。

お茶はカフェインを含まない麦茶やハーブティーはOKです!

たまにジュースも水分補給と思っている方がいますが、それは間違いです。

液体ではありますが糖分が入っていて、飲みすぎるとむくみの原因になります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

水も奥が深いですね。

健康や美容のために意識して水を飲むようにしましょう!

毎日2リットルって本当に大変です。

わたしは朝に500ml、日中に1000ml、夜に500mlを目安にしています。

ぜひ試してみてください♪

内側からきれいになりましょう!!

タイトルとURLをコピーしました