植物油脂が不使用のアイス*シャトレーゼ編*

おやつ

肌荒れはしたくないけどアイスは食べたいゆみです。

肌荒れしないためには植物油脂やマーガリン・ショートニングを避けるべきですが、大体のアイスには植物油脂が入っています。

毎日食べるほどアイス好きな私が、植物油脂不使用のアイスを探してきました。
今回はシャトレーゼに絞ってみたので、近くにお店がある人は行ってみてください。

植物油脂がなぜ肌に悪いのかは、こちらの記事に書いています▼

 

この記事は
・植物油脂が不使用のアイスが食べたい
・シャトレーゼのアイスが好き
・肌荒れを気にせずアイスが食べたい
という人におすすめです。
スポンサーリンク

デザートショコラボール バニラ

バニラアイスにチョコがコーティングされていて、ほぼピノと一緒です。

チョコレートコーチング・乳製品・砂糖・水あめ・粉あめ・でん粉・寒天・グルコマンナン

グルコマンナンって何だ?

グルコマンナンは、こんにゃくの主成分である食物繊維の一種です。

胃の中で水を吸って膨れる性質があり、満腹感を与えさらに便通を改善する効果もあるので、主にダイエット食品に使用されています。

アイスなのにダイエットの味方でもあるなんて最高ですね。
間食に1個食べるだけならエネルギーも35㎉しかないので、罪悪感なく食べられます。

玉露と抹茶

玉露は栽培に手間がかかり、生産量が少ないため日本茶の中でも高級品とされています。

そんな玉露をアイスに使っているとは、なんて贅沢。

砂糖・異性化液糖・水あめ・乳製品・玉露・抹茶・麦芽糖

砂糖が1番目にきているのはちょっと引っかかりますが。。
抹茶の味はしっかり味わえますし、外と中の食感の違いも楽しめます。

1本食べても85㎉なのでダイエット中にも嬉しいですね。

ふっくらシューアイス バニラ

シュー皮がふわふわで、バニラがぎっしり入っているのが特徴です。

ミルクに近いバニラ味です。

シュー皮・乳製品・砂糖・水あめ・生乳・ぶどう糖果糖液糖・粉糖・でん粉・寒天・グルコマンナン

さっきもあったグルコマンナンが入っています。

1個あたり92㎉で、このシューアイスもダイエットの味方ですね。

シールド乳酸菌入りアイスボール

中身はデザートショコラボールと同じ形をしています。

ヨーグルト風味ですが、カルピスを凍らしてアイスにした感じの昔なつかしい味がしました。

砂糖・乳製品・食物繊維・ミルクオリゴ糖・乳糖・デキストリン・殺菌乳酸菌粉末・でん粉・寒天・グルコマンナン

こちらも砂糖が1番多く使われているのは残念ですが、グルコマンナンが入っているのは嬉しいですね。

殺菌乳酸菌ってなんだろう?

乳酸菌を殺菌するとどんな効果があるの?

殺菌乳酸菌の効果

・コレステロールの低下
・整腸作用
・血圧降下作用
・アレルギー性鼻炎
・アトピー性皮膚炎緩和

など様々な効果があります。
乳酸菌は生きたまま腸に届く方がいいと思いがちですが、殺菌されることで得られる効果もあります。

驚異の1個あたり11㎉!!
しかも脂質0gだなんて優秀すぎます。

大人のチョコバッキー

普通のチョコバッキーは植物油脂が使われているので、こちらの大人バージョンのみです。

個人的にエスプレッソの苦みが少しある方がおいしいです。

乳製品・準チョコレート・砂糖・水あめ・コーヒー・でん粉・寒天・こんにゃく粉

カロリーはそこそこありますが、アイスだと平均くらいかなと思います。

シャトレーゼ プレミアム

バラ売りとセット売りがあります。

プレミアムという名だけあって、どれも濃厚で美味しいです。

クリーム・脱脂濃縮乳・砂糖・卵黄

 

脱脂濃縮乳・クリーム・砂糖・水あめ・卵黄

 

クリーム・脱脂濃縮乳・砂糖・苺果汁・果肉・卵黄・レモン果汁

どれも原材料が少なくて素晴らしい。

余計なものが入っていない方が体には良いです。

シンプル・イズ・ベスト!!

まとめ

植物油脂不使用のアイスがこんなにあるなんて優秀すぎます。

やっぱりシャトレーゼ大好きですね!

シャトレーゼのアイスが全部植物油脂不使用ではありませんが、探せばまだまだありそうです。

超人気のチョコバッキーには植物油脂が使われていたのでちょっと残念。

また新たに見つけ次第更新していきたいと思います♪

(2021/09/25 大人のチョコバッキーとシャトレーゼプレミアム追記)

 

 

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

 



 

タイトルとURLをコピーしました