バイク用膝プロテクターは好きなズボンが履ける外付けがおすすめ

バイク

全身プロテクターを付けているゆみです。

バイク初心者がとても悩むプロテクター問題、あなたはどうしていますか?

特にズボンは悩みますよね。

外付けか内付けか、プロテクター入りズボンにするか。

結論から言うと、今のところ外付けが1番使い勝手が良いです。

本当はプロテクター入りズボンが欲しいですが、コレだ!という物に出会うまでは外付けを愛用します。

 

この記事は
・膝用プロテクターを探している
・どれにすれば良いか分からない
・外付けのメリットは?
という人におすすめです。
スポンサーリンク

外付けのメリット

好きなズボンが履ける

1番のメリットがこれではないでしょうか。

バイクから降りた時、膝プロテクターさえ外せば普段着で歩きまわれます。

プロテクター入りズボンだと、やはり多少は膝がボコッとしてしまいライダー感が出てしまいます。

インナープロテクターも同じです。

ライダーが集まるような場所ならいいですが、普通に観光をするとなれば少し恥ずかしい思いをするかもしれません。

1番の問題は『プロテクター入りズボンのシルエットがダサい』

体を守るための服なので仕方がないですが、もう少しオシャレになったらいいなと思っています。

(昔に比べてオシャレなズボンも出てきているみたいなので、もっと増えることを願います!)

女性だとバイクに乗るときもオシャレしたいですよね?もちろん男性も

そこでおすすめしたいのが、好きなズボンの上から付けられるプロテクターです。

他のメリットも見ていきましょう!

着脱が簡単

マジックテープで留めるタイプは着脱がとても簡単です。

インナープロテクターだと、1回履けば家に帰るまで取らないのでより楽ですが、夏場は暑くて蒸れるし脱ぎたくてもすぐには脱げません。

運転がしやすい

安全運転をするには、ストレスの少ない服装で乗ることも大切です。

プロテクター入りズボンだと膝が曲げにくく、シフトチェンジがやりにくかったです。

(これは買ったズボンが良くなかっただけで、全てが当てはまるわけではありません。)

ズボンの生地との相性もあると思いますが、あまり伸び縮みがよくなく、膝が突っ張る感じでした。

外付けプロテクターは付けているのを忘れるくらい動かしやすく、バイクを降りてから外すのを忘れるくらいです。

大げさと思われるかもしれませんが、私は何回も外し忘れています(笑)

外付けのデメリット

毎回外すのが手間

バイクを降りる度に外すのが面倒と思うかもしれません。

1人で走っている時は誰にも気を遣わないのでいいですが、一緒に走っている人がいる場合は付け外しする時に待ってもらわないといけません。

ちょっと申し訳なさがあります。。

外した後の置き場に困る

バイクにポンッと置いておくか、サイドバックなどに入れるか。

元々収納の少ないバイクは、こういう時に少し困ります。

私はリアキャリアに吊しています!(リアキャリアの使い方間違ってる笑)

今のところ、無防備に吊していても盗まれたことはありません。

腰は守られない

プロテクター入りズボンは腰にもプロテクターが入っているものがありますが、膝用プロテクターは完全に膝しか守れません。

膝だけで意味があるのかと言われたら、やはり腰も守られるプロテクター入りズボンがおすすめです。

何も付けないよりマシということで、今は膝用プロテクターを使っています。

いずれはお気に入りのズボンを見つけたいです!

おすすめの膝用プロテクター

今使っている膝用プロテクターが、ROUGH&ROAD(ラフ&ロード)のステルスフィットニープロテクターです。

ナップスや2りんかんにも置いてありますが、私はネットで購入しました。(ネットの方が安い)

このステルスフィットニープロテクターの良いところをご紹介▼

CEパッド装備

本体外側にはスポンジパッド、更に着脱可能なCEパッドが標準装備されています。

CEマークとは
安全基準条件(使用者、消費者の健康と安全および共通利益の確保を守るための条件)を満たすことを証明するマークです。
認証テストでは様々な厳しいテストが行われています。
※CEマークがないからと、安全性が著しく欠けているわけではありません。

同じ『ROUGH&ROADのステルスフィットメッシュニープロテクター』という商品がありますが、こちらのパッドはCEパッドではないので間違わないよう気をつけてください。

着脱可能なおかげで、本体を洗濯することもできるのが嬉しいポイント!

脛(すね)も守られる

膝だけでなく脛のあたりまでパッドがあるので安心感があります。

完全に膝だけ守るタイプもありますが、脛が擦りむけた人の痛々しい画像を見たことがあるので、私はこの商品にしました。

バイクに乗る時は基本的にくるぶしまで隠れる靴を履くと思うので、ほぼほぼ膝から下は守られている状態になります。

付け心地がいい

しなやかさがあるので、走行中に運転しにくいと思ったことはありません。

膝が動かしやすく、シフトチェンジもやりやすいです。

付けることに慣れてしまえば、違和感は全くありません。

目立たない

黒色でシンプルなデザイン、なおかつプロテクターが全面に出ていないので威圧感がなく、悪目立ちしません。

黒のズボンを履けばもっと目立たなくなります。

反射板が付いている

側面に高輝度反射プリントがついており、危険な夜間走行時にライダーの存在を相手にアピールしてくれます。

ちょっと違う使い方

ニーグリップをするバイクだとタンクの熱が直で当たりますよね。

これを付けることで膝が守られ、タンクからの熱を軽減することも出来ます。

バイクによって当たり方が変わるので一概には言えませんが、ちょっと違う使い方も出来ちゃいます。

逆に冬は膝が温かくて、付けていないと寒いくらいです。

微妙なところも…

・サイズが大きい

初めて見たときは、『え、デカッ!』と思いましたが見慣れました。

全長35㎝

サイズが大きい分、膝と脛を守ってくれるので私は良いと思います!

・脚が細すぎる女性だとマジックテープ部分が足りない

サイズ展開があればいいのですが、フリーサイズのため女性はギリギリ留められるかなといった感じです。

私もギリギリ留められていますが、マジックテープを付け足そうか悩んでいます。

きっちり留められていない時はズレてくることがあります。

特に上部のマジックテープの長さが少し足りないです。

この点以外に不満はないので、膝用プロテクターに悩んでいるならおすすめです!

一時的に在庫切れになることがあるので、入荷したらすぐカートへGo!

他にもある膝用プロテクター

コミネ

アルパインスターズ

まとめ

・シンプルなデザイン
・ゴツゴツしたプロテクター感がない
・着脱が簡単

で、とてもお気に入りです。

ただしマジックテープの部分だけは改善して欲しい…

『どれを買えば良いかわからない…』と悩んでいるなら、是非ステルスフィットニープロテクターを候補に入れてみてください。

 

wpX Speed


 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

タイトルとURLをコピーしました