美容代を少しだけ減らしたら年間約10万円も節約できた

スキンケア方法

自分磨きにお金は使いたいけど節約もしたいゆみです。

美容代ってほんとうにお金がかかります。

普段のスキンケアや化粧品、脱毛やエステ、髪の毛だって手入れしないといけません。

キレイで若くいるために美容は手を抜きたくないけど、年間でつかう美容代が少しでも減らせたらいいなと思いますよね。

今回は、ここにお金をかけなくてもキレイでいられると思ったものについてご紹介します。

 

この記事は
・キレイでいたいがお金がかかる
・少しでも節約したい
・お金をかけずキレイになりたい
・女子ってなんでこんな金かかるんだ?
という人におすすめです。
スポンサーリンク

節約してもいい美容

・コスメ
・スキンケア
(パック・美容液・拭き取り化粧水)
・洗顔
・ジム

これだけで年間約10万円は節約できました!

コスメ

プチプラに変える

安いものだと100円~高ければ1万円するものがありますが、こだわりがなければプチプラコスメで十分です。

デパコスとかおしゃれでいいなと思うのですが、あの空間で買うのが苦手で(笑)

近場の薬局とかで買えるのが便利で安いし、コスメは節約してもいいと思います。

今のコスメは安くて可愛いものがありますし、色持ちも良くなっているのでプチプラでも十分です。

特にこだわりがなければコスメでちょっと節約です。

私がよく使うのはキャンメイク・ケイト・セザンヌ・無印良品とかですね。

アラサーでも若者のコスメがんがん使います(笑)

スキンケア

パック

昔はルルルンの毎日パックをしていたり、流行っているパックをいろいろ試したりしていたのですが全部やめました。

パックの成分はほぼ水で、良い成分はほんの少ししか入っていないからです。

多少は良い成分も入っていますが、頻繁にパックをすると肌がふやけた状態になってしまいバリア機能が弱っていく可能性もあります・・・

これを知ってからは、まったくパックをしていませんが特に肌に影響はありません。

もしかして、してもしなくても一緒なのでは?と思い始めているところです(笑)

友だちにプレゼントされた時はちゃんと使っています♪

美容液

美容液の成分は化粧水や乳液とほとんど変わりません。

5,000円する美容液を使っていた時期もありましたが、本当に良い美容液は世の中に少ししかなく、それを見抜くのは難しいです。

ちょろっと良い成分を入れて美容液と名付けるだけで購入者がバッと増えるので、高額な値段が付けられがちだそうですよ。。

ブランド力みたいなもんですね。

なので私は高価な美容液を買うのをやめました。

そしてオールインワンに乗り換えました。

化粧水・美容液・乳液などすべての機能を持ち合わせていて、全部を1つずつ買うよりリーズナブルなので節約にもなります。

パックや美容液にお金を使うなら、クレンジングや化粧水などにお金をかけてください。

その方が肌はキレイになると実感しました。

拭き取り化粧水

拭き取り化粧水は専用のものを買わなくても、化粧水で代用できます。

化粧水をコットンに含ませて拭き取るだけでも、多少は皮ふ上の汚れを取ることはできます。

それならわざわざ買わなくてもいいので、ここでも出費が1つ減らせました。

結局オールインワンに変えたので拭き取りもしていませんが(笑)

してもしなくても効果の違いが分かりませんでした。

やっぱりスキンケア用品を減らすことが1番の節約になる!

ずっと使い続けるものなので、少しでも抑えられたら嬉しいですよね。

肌ケアで大事なのは結局のところ食生活な部分もあるので、あれやこれや試してもダメだった場合は辞めてみることも選択肢に入れてみてください。

洗顔

洗顔フォームを買うのをやめ、その代わりに洗顔のいらないクレンジングオイルに変えました。

そもそも洗顔を辞めた理由が肌の乾燥がひどかったからで、洗顔とクレンジングを見直したことで一気に解決しました。

洗いすぎて肌が乾燥してしまったり、使っている洗顔の成分が強すぎて乾燥することもあります。

また必要な油分までも洗い流されて、もっと油分を分泌しなくてはと分泌が活発になり、ニキビができてしまったりもします。

なので思い切って洗顔を辞めることにしました。

洗顔を買わなくなって、肌の乾燥もなくなり節約にもなり良いことばかりです。

ジム

今まではスポーツジムに通っていましたが、コロナで自粛になったのをきっかけに宅トレを頑張って気付きました。

あれ?家でも十分鍛えられるんじゃない?

本気で頑張れば筋肉痛はくるしちゃんと痩せることも出来たので、ジム会費が毎月約7,000円していたのでやめてもいいかなと思いました。

今はYouTubeで宅トレ動画を観れますし、自分一人でも頑張れる人はジムも節約しましょう。

ジムに行かないとやる気が出ないって場合は無理してやめる必要はないですよ。

もしくは大きいスポーツジムだと回数券を買える場所もあるので、月額を払うより安く済ませることができます。

まとめ

コスメは昔からプチプラだったので大幅な節約にはなっていませんが、数ヶ月に1回5,000円する美容液と毎月約7,000円のジムをやめたことは、大きな節約になりました。

ざっと計算するだけで年間100,000円も節約って凄くないですか?!

パックや美容液は使うとテンションが上がりますが、肌をキレイにするためならクレンジングに投資する、水をたくさん飲んで早寝早起きするなど、肌をキレイにする方法は他にもあります。

ですが何でもかんでも節約するとそれがストレスにもなりかねないので、自分にとって価値のある美容には思う存分お金をかけて上手に節約しましょうね♪

 

 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 



タイトルとURLをコピーしました